《話題の新刊 (週刊朝日)》

30歳から幸せな結婚ができる女、できない女

藤村かおり書評#話題の新刊
 成婚率80%。業界一の実績を誇る結婚相談所の代表である著者が、結婚への近道の方法を実例とともに教えてくれる。今は晩婚化時代だが、中高年は婚活してもうまくいかないことが多い。越えないといけないいくつかの「壁」があるからだ。
 たとえば、親の介護問題。自分の婚活と親の介護が重なれば、介護を優先しがち。そしてますます狭き門に……。一方の親も、年と共に子供の結婚を諦めることが多いが、そこには「親のエゴ」が潜むことがある、と著者は指摘。
「『もういいんじゃない?』という親のセリフの裏には、娘が離れていくのではないかという不安や、老後の面倒を見てほしいのに、という心が隠されていることが多い」
 親との距離が近ければ近いほどそれを受け入れ、“親が寂しがるから結婚できない症候群”にかかりやすいというわけ。
「受験」と同じで、自分の力や状況を知り、克服のための策を練らないと合格(結婚)できないのだ! 婚活中の中高年のほか、親が読んでも「はっ」と気づくリアルな理由が見つかりそうだ。

週刊朝日 2014年9月19日号
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック