書評『謝るなら、いつでもおいで』川名壮志著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

謝るなら、いつでもおいで 川名壮志著

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理書評#話題の新刊

 今から10年前、長崎県佐世保市で小6の女児が同級生を殺害する事件が起こった。11歳による殺人であり、かつ被害者の父親が毎日新聞社の支局長であったことから、事件は当時メディアを大いに賑わせた。
 本書は当時、被害者の父の部下であった新聞記者が、取材当時から事件関係者の現在までをまとめたルポルタージュだ。注目すべきは、書き手が「取材者」かつ「被害者の隣人」という立場の二重性にある。前者の目線からは、被害者やその同級生たちの様子をはじめ、事件当時の状況が克明に描きだされる。他方、事件を記事にすることは、家族同様に親しくしていた遺族らを「傷つけるのではないか」という葛藤にも直結する。二つの立場に引き裂かれる書き手の姿は、報道に関わる者のありかたについて読者に考えさせずにおかない。
 本書後半では被害者の父、兄、加害者の父という三者の目線から事件が回想される。事件は終わっても「遺族にとってはずっと現在進行形」と語る被害者の父の言葉は重い。近しい立場から10年越しで引き出された言葉の厚みが詰め込まれている。

週刊朝日 2014年4月25日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい