謝るなら、いつでもおいで

話題の新刊

2014/04/17 15:52

 今から10年前、長崎県佐世保市で小6の女児が同級生を殺害する事件が起こった。11歳による殺人であり、かつ被害者の父親が毎日新聞社の支局長であったことから、事件は当時メディアを大いに賑わせた。
 本書は当時、被害者の父の部下であった新聞記者が、取材当時から事件関係者の現在までをまとめたルポルタージュだ。注目すべきは、書き手が「取材者」かつ「被害者の隣人」という立場の二重性にある。前者の目線からは、被害者やその同級生たちの様子をはじめ、事件当時の状況が克明に描きだされる。他方、事件を記事にすることは、家族同様に親しくしていた遺族らを「傷つけるのではないか」という葛藤にも直結する。二つの立場に引き裂かれる書き手の姿は、報道に関わる者のありかたについて読者に考えさせずにおかない。
 本書後半では被害者の父、兄、加害者の父という三者の目線から事件が回想される。事件は終わっても「遺族にとってはずっと現在進行形」と語る被害者の父の言葉は重い。近しい立場から10年越しで引き出された言葉の厚みが詰め込まれている。

週刊朝日 2014年4月25日号

謝るなら、いつでもおいで

川名壮志著

amazon
謝るなら、いつでもおいで

あわせて読みたい

  • 世田谷事件追悼集会で明かした被害者の姉の苦悩「現場取り壊し問題で葛藤」

    世田谷事件追悼集会で明かした被害者の姉の苦悩「現場取り壊し問題で葛藤」

    週刊朝日

    12/8

    27歳娘の死亡補償は35万円…海外での犯罪被害者への支援不足 父親が訴え

    27歳娘の死亡補償は35万円…海外での犯罪被害者への支援不足 父親が訴え

    AERA

    6/29

  • 「ひかりの輪」上祐史浩代表の会見全文「麻原教から離反、批判したので緊張感あった10年」

    「ひかりの輪」上祐史浩代表の会見全文「麻原教から離反、批判したので緊張感あった10年」

    dot.

    7/6

    室井佑月「いじめを無くせ」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「いじめを無くせ」

    週刊朝日

    10/21

  • 神父による性的虐待事件 そのトラウマを超える人間の強さと愛を描く

    神父による性的虐待事件 そのトラウマを超える人間の強さと愛を描く

    AERA

    7/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す