書評『心に湯気をたてて』和合亮一著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

心に湯気をたてて 和合亮一著

このエントリーをはてなブックマークに追加
西條博子#話題の新刊

 福島に生まれ、福島に生きる詩人が10年にわたって書き継いだ150篇のエッセイ集。家族や友人、町の人々のことに加え、光と風の輝く自然豊かな故郷の風景が織り交ざる。
 冒頭の数篇には、東日本大震災以降の、清々しい風土の喪失が綴られる。「時には田舎の物足りなさを感じながら、しかし何かを引き換えにしたとしても、水と風の自然を私たちは選んできた」。そして昔ながらの風景との生理的な交歓を静かに語る。「太陽っつうのはな、きのこの化け物なんだぞ。(中略)山さ行ってみろ。いっぱい、きのこ、転がってっから」と昔、近所のおじさんから教わったこと。外の雲がそよと動くのを見て、亡くなった祖母が話しかけてきたように思ったこと。和合家の昔からの習わしとして、親戚12軒に年始回りの挨拶をするときの心得なども、過去の平和の象徴のように紹介される。
 震災直後に推敲なしでほとばしるように書かれた『詩の礫』とは打って変わり、選び抜かれた言葉は穏やかさに満ちている。あたりまえの生活にしずくのように落ちる光を感じ、読了後の世界は幸せを増す。

週刊朝日 2014年2月14日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい