心に湯気をたてて

話題の新刊

2014/02/04 16:58

 福島に生まれ、福島に生きる詩人が10年にわたって書き継いだ150篇のエッセイ集。家族や友人、町の人々のことに加え、光と風の輝く自然豊かな故郷の風景が織り交ざる。
 冒頭の数篇には、東日本大震災以降の、清々しい風土の喪失が綴られる。「時には田舎の物足りなさを感じながら、しかし何かを引き換えにしたとしても、水と風の自然を私たちは選んできた」。そして昔ながらの風景との生理的な交歓を静かに語る。「太陽っつうのはな、きのこの化け物なんだぞ。(中略)山さ行ってみろ。いっぱい、きのこ、転がってっから」と昔、近所のおじさんから教わったこと。外の雲がそよと動くのを見て、亡くなった祖母が話しかけてきたように思ったこと。和合家の昔からの習わしとして、親戚12軒に年始回りの挨拶をするときの心得なども、過去の平和の象徴のように紹介される。
 震災直後に推敲なしでほとばしるように書かれた『詩の礫』とは打って変わり、選び抜かれた言葉は穏やかさに満ちている。あたりまえの生活にしずくのように落ちる光を感じ、読了後の世界は幸せを増す。

週刊朝日 2014年2月14日号

心に湯気をたてて

和合亮一著

amazon
心に湯気をたてて

あわせて読みたい

  • 「放射能が降っています。静かな夜です。」 詩人・和合亮一が「詩の礫」でつぶやき続けた福島への思い<現代の肖像>

    「放射能が降っています。静かな夜です。」 詩人・和合亮一が「詩の礫」でつぶやき続けた福島への思い<現代の肖像>

    AERA

    3/11

    「フクシマ」を「福島」に 福島の農業従事者と風評被害の闘い

    「フクシマ」を「福島」に 福島の農業従事者と風評被害の闘い

    週刊朝日

    3/22

  • 葉加瀬太郎らと共演 自身も被災した高校生 歌で被災者にメッセージ

    葉加瀬太郎らと共演 自身も被災した高校生 歌で被災者にメッセージ

    AERA

    4/16

    岩合光昭、猫と暮らす日常 いい子になったのは「しっかり話すようにしてから」?

    岩合光昭、猫と暮らす日常 いい子になったのは「しっかり話すようにしてから」?

    週刊朝日

    12/27

  • 田原総一朗「震災被害を『創造』につなげる東北の姿に注目せよ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「震災被害を『創造』につなげる東北の姿に注目せよ」

    週刊朝日

    9/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す