書評『日米衝突の萌芽』渡辺惣樹著 |AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

日米衝突の萌芽 渡辺惣樹著

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺哲哉#話題の新刊

日米衝突の萌芽

渡辺惣樹著

978-4794219862
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 このたび山本七平賞奨励賞を受賞した。著者は開国の地、静岡・下田市出身。カナダ・バンクーバーにも居を構え、太平洋の東西から日米関係を捉える。2年前に出版した『日米衝突の根源 1858-1908』の続編。
 米によるフィリピン植民地化から、第一次世界大戦終結までを扱っている。フィリピン領有で地政学的に一気に近くなった日本の脅威論、カリフォルニアでの排日運動、それを利用した独の日米離間策に、米は日本を仮想敵国としていく。米の協力で日露戦争に勝利し、列強に肩を並べた思いでいた日本にとって、米の急激な変化は戸惑いとともに反発を内包していくことになる。
 この時期の両国の為政者と国民の感情のもつれが、開戦を引き起こす「萌芽」となったと指摘する。564ページの大著だ。
 名作『昭和二十年』の著者で、歴史家の故鳥居民氏から「君ならできる」と激励を受け、開国から開戦に至る日米関係をライフワークとしている。膨大な米側の論文や資料を読み込み、鋭い推理をもって時代を解き明かしていくのが著者のスタイルだ。

週刊朝日 2013年12月20日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい