書評『沈むフランシス』松家仁之著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

沈むフランシス 松家仁之著

このエントリーをはてなブックマークに追加
真保偕#話題の新刊

沈むフランシス

松家仁之著

978-4103328124
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 石器時代の古層と先住民族命名の地が広がる北海道東部。人口800人の山間の小さな村に女は、東京での一切を捨てて流れて来た。少女期に数年を道東で過ごした記憶、学生時代に短期滞在したことがある、それだけの縁で移住を決めたのだった。
 臨時雇いの郵便配達人として暮らし始めた彼女と、村はずれの川辺に独り住み地域発電の水車を保守管理する男と。北国の四季を背景に、抗いがたく求め合うようになった、共に漂泊者の顔を持つ二人を描いた小説が本書である。
 男は、オーディオマニアの世界では知られた音のコレクターでもあった。星空の静寂を含む森羅万象から音を採る。「音をちゃんと聴くために……フランシスと暮らしている」という。フランシスとは? 人間でもペットでもない。だが、35歳と38歳の濃密なセックスを時に中断させるイタズラもの。謎めいた気配を漂わせながら、危うく揺らぎ、そして深化していく恋を描く、2013年読売文学賞受賞作家の新作。結晶のまま降りてくる厳冬の地の雪を思わせる筆致が美しい。

週刊朝日 2013年11月8日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい