書評『首のたるみが気になるの』ノーラ・エフロン著/阿川佐和子訳 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

首のたるみが気になるの ノーラ・エフロン著/阿川佐和子訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
トミヤマユキコ#話題の新刊

首のたるみが気になるの

ノーラ・エフロン著/阿川佐和子訳

space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 米国で130万部を売り上げたというエッセイ集。著者は「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」の監督・脚本を手がけたことで知られるロマンティック・コメディの名手だ。しかし、ふだんの彼女はどうもロマンスは苦手のようで、ずいぶんとコメディ寄りの人生を歩んでいる。
 小物でぐちゃぐちゃになってしまう「ハンドバッグ問題」は、交通博物館で買った26ドルの「単なる袋」を使うことで解決、髪の毛のブローはサロン任せ。たまにロマンスの香りがしてきたな……と思っても「ケネディのホワイトハウスで働いた若い娘のなかで、大統領が手を出さなかったのは、どうやら私だけらしい」というオチが待っている。彼女の母が繰り返したという「すべてはネタなのよ」という言葉を遵守するかのようだ。
 加齢による首のシワを気にして、老いを肯定する本に対し「この人たちに首はないのか? 首が隠れる服を探すのに苦労したことはないわけ?」と斬り捨てるくだりが堪らない。サバサバ、毒舌、ズボラ。しかし最高にチャーミングだ。

週刊朝日 2013年11月1日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい