日本の起源

ベストセラー解読

2013/10/02 17:26

 いつから私たちは「こんな国、こんな社会」に生きているのだろう。どうしてそれは変わらないんだろう……。『中国化する日本』で注目された與那覇(よなは)潤は、そんな問いを抱えて歴史学の先輩である東島誠を訪ね、語りあった。
 時代区分は、古代、中世、近世、近代、戦前、戦後の六つ。こんな日本の起源の歴史を探っていく二人の対話は、数多い新旧の学説を参考にしつつ自在に展開する。それだけでも専門家の知見の幅に感嘆するが、そこから導き出される内容にはさらに驚かされた。

あわせて読みたい

  • 信長が嫌いだった象徴天皇制、“象徴”をめぐる天皇の歴史

    信長が嫌いだった象徴天皇制、“象徴”をめぐる天皇の歴史

    dot.

    5/15

    3月号朝日新聞編集委員 藤田直央Fujita Naotakaコロナ禍前の12日間、ドイツの気概感じた旅

    3月号朝日新聞編集委員 藤田直央Fujita Naotakaコロナ禍前の12日間、ドイツの気概感じた旅

    3/1

  • 「牛頭天王」とは、なにものなのか?二十四節気「小暑」

    「牛頭天王」とは、なにものなのか?二十四節気「小暑」

    tenki.jp

    7/7

    イスラエル人は天皇陛下に関心が高い
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    イスラエル人は天皇陛下に関心が高い

    dot.

    1/17

  • 「近代天皇制」は国創りのための物語 作家・赤坂真理が考える現代日本とは

    「近代天皇制」は国創りのための物語 作家・赤坂真理が考える現代日本とは

    AERA

    3/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す