ザ・ミッション 戦場からの問い

話題の新刊

2013/07/24 17:24

 昨年8月にシリアで銃撃された女性ジャーナリスト山本美香さんは、2008年から毎年2、3回、早稲田大学大学院政治学研究科で「なぜ戦争を取材するのか」をテーマに講義をしてきた。本書は彼女の遺志を若い人に引き継ごうと、死の約3カ月前に同研究科と政治経済学部で話した内容をまとめたものだ。
 03年、イラク戦争の開戦時。日本の大手メディアがバグダッドから退避する中、フリージャーナリストとして残った経験をもとに、山本さんは現場で取材することの必要性を論じる。「救助するか、撮影するか」。バグダッドのホテルで米軍戦車の砲撃を受け、隣室のロイター通信のスタッフが死傷した際の体験を振り返り、現場でどう行動するべきかを自問している。
 学生たちと交わした議論からは、戦場で苦しむ人々に向き合ってきた、芯が強くて優しい山本さんの真摯な姿が甦ってくる。「伝え、報道することで社会を変えることができる、私はそれを信じています」。人として記者として、私たちは何ができるのかについて考えるためのヒントがあふれている。

週刊朝日 2013年8月2日号

ザ・ミッション 戦場からの問い

山本美香著

amazon
ザ・ミッション 戦場からの問い

あわせて読みたい

  • シリアで凶弾に倒れた山本美香さん七回忌 パートナーが語る戦場の真実「安田純平さん問題は自己責任が政府の逃げ道に」

    シリアで凶弾に倒れた山本美香さん七回忌 パートナーが語る戦場の真実「安田純平さん問題は自己責任が政府の逃げ道に」

    dot.

    8/20

    「海軍T事件」が再び…96歳元海軍兵が脳梗塞を患っても語り部をやめられない理由

    「海軍T事件」が再び…96歳元海軍兵が脳梗塞を患っても語り部をやめられない理由

    dot.

    8/15

  • 手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

    dot.

    2/1

    第三次世界大戦が現実に!? 米VSイランの深刻度

    第三次世界大戦が現実に!? 米VSイランの深刻度

    週刊朝日

    1/5

  • 東浩紀「バクダディ殺害が示した戦争とテロの娯楽映像化」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「バクダディ殺害が示した戦争とテロの娯楽映像化」

    AERA

    11/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す