書評『〈ひと〉の現象学』鷲田清一著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

〈ひと〉の現象学 鷲田清一著

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理#話題の新刊

 顔、こころから、自由、死に至るまで、〈ひと〉の一生に関わる様々なモチーフを読み解いた一冊である。主題はどれも一見よく知っているようでいて、意識的に捉えてみれば多くの綻びや矛盾を隠している。著者のいう「現象学」とはその「見知ったもの」を丁寧に剥がしてゆく営みを指す。
 日々の生活と哲学を結びつける「臨床哲学」を提唱する著者だけに、社会の現実を参照しながら論は進む。例えば、身体。自分の身体が「自分のもの」というのは一見当たり前の感覚だ。美容整形や遺伝子操作が社会に浸透するのも、そうした感覚が基盤にある。しかし、その起源は西欧社会の近代革命で市民の所有権、すなわち「『わたし』の存在はわたしのもの」という権利が認定されたことにある。その裏には自分という存在が「じぶんではどうにもならない」という逆説が覆い隠されていると著者は問う。
 認識の根源を問い返すだけにあたまをフルに使う。だが、専門用語を使わず配慮された文体なので、ゆっくり読み進めれば哲学的思考を愉しめる。

週刊朝日 2013年7月19日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい