テレビコメンテーター

話題の新刊

2013/05/09 12:45

 ブラウン管を通してお馴染み、でもよく考えれば実体不明。そんなテレビコメンテーターという職業を民放番組に出演するコメンテーター(大学教授)が真正面から論じた本である。執筆のきっかけが面白い。著者はある番組で橋下徹・大阪市長の政策を論評し、市長からツイッターで「批判だけのコメンテーターの典型」と返り討ちに遭う。本書は、それを機として考察されたコメンテーターの役割に関する「応答本」でもある。
 各章ではコメンテーターのギャラやなり方など、テレビを見るだけではわからない話題が続く。コメンテーターは単に「わかりやすい説明」を超えて、視聴者側が「何をわかりやすく説明してほしいのか」を察知する力が求められると著者はいう。テーマ選定から説明に至るまで、本書の手際の良さも「さすがコメンテーター」と唸るほかない。
 結論ではテレビというメディアのありかたにも考察が及ぶ。経験を元にしたルポルタージュ的要素もあれば、メディア批評としての要素もあり、読み応え十分の一冊だ。

週刊朝日 2013年5月17日号

テレビコメンテーター

中野雅至著

amazon
テレビコメンテーター

あわせて読みたい

  • 森達也が語る「テレビの変容」 テレビ局が優良企業に…

    森達也が語る「テレビの変容」 テレビ局が優良企業に…

    AERA

    10/8

    『5時に夢中!』プロデューサーが明かす一流の「下ネタの流儀」とは?

    『5時に夢中!』プロデューサーが明かす一流の「下ネタの流儀」とは?

    BOOKSTAND

    1/12

  • カンニング竹山 芸人コメンテーターは不要か?必要か?
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング竹山 芸人コメンテーターは不要か?必要か?

    dot.

    1/13

    FAKEな平成史

    FAKEな平成史

    週刊朝日

    10/12

  • 怒りの感情を脳科学的に分析 キレる人に振り回されない上手な対処法とは?

    怒りの感情を脳科学的に分析 キレる人に振り回されない上手な対処法とは?

    BOOKSTAND

    9/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す