書評『閉経記』伊藤比呂美著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

閉経記 伊藤比呂美著

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中有#話題の新刊

閉経記

伊藤比呂美著

space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 妊娠・出産から離婚、異国生活、子どもの思春期、親の介護と「自分記」を詩人の筆致で世に問い続けてきた著者。50代半ば過ぎの身体と暮らしを、軽妙かつ磊落(らいらく)に綴った。
 閉経前後の自らの変化を「おもしろくてたまらない」と著者は言う。性愛、妊娠、子の反抗期などには、人生経験の浅さゆえに翻弄された。海千山千の「漢」(おんな、もしくはおばさんと読む)となった今、大抵の事には動じず、自分を突き放して心根の変化を分析する。たとえば初孫への関心と距離感。夫が旅行に出ていった後の途方もない解放感。容色の衰えを突き付けてくる美容院の鏡。同年代の女性なら、自分が肉体や感情にこうも振り回される理由が、ストンと腑に落ちる。
 ふた親亡き後、親の家と遺品をひとり片付ける項が胸に迫る。10年近く、日米を往還しながら介護をし、死を見つめ続けてきた著者の集大成である。
 2年間の同時進行で、閉経後には困難とされるダイエットに成功、というおまけまで付いた。カラダを張って成果を得る、まさしく軍記物なのであった。

週刊朝日 2013年3月29日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい