書評『倭人伝、古事記の正体』足立倫行著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

倭人伝、古事記の正体 足立倫行著

このエントリーをはてなブックマークに追加
江田晃一#話題の新刊

倭人伝、古事記の正体

足立倫行著

978-4022734723
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 邪馬台国はどこにあったのか。因幡のシロウサギ伝承はなぜ出雲なのか。本書は歴史や神話の舞台を実際に歩き、そこに眠る謎を解き明かそうと試みる。
 興味深いのは、一見、相反する二つの書物を取り上げている点。中国から見た日本の様子を淡々と記述した『魏志』倭人伝、神話化することで歴史事実を曖昧化した『古事記』。当時の国家権力の介入が少ないからこそ、事実が見えやすく、実際、関連する多くの風景や遺跡、出土品と出会う。
 大量の青銅器が出土した「出雲」では、鉄や勾玉の原料が豊富なこと、またそれを加工する生産技術が発達していた事実を知る。ものづくりを軸に独自の交易を続け、ヤマトを脅かす経済力を築いていたのだ。日本海の先の顧客に向けて、地道に技術を磨いていた職人が日本の礎を築いたと思うと感慨深い。
 古代日本には、我々が想像するよりもはるかに活力に満ちた人々が生きていたことがわかる。彼らの残した息遣いを追い、ロマンと名のつくひとつの「真実」に出会う著者の旅に同行してみては。

週刊朝日 2013年1月18日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい