精密立体 ペーパーバイオロジー

話題の新刊

2012/11/28 18:50

 高校の理科教員である著者が、授業の教材として作り始めたさまざまの精密なペーパークラフトが、型紙付きの本になった。収録された模型は、実にマニアックで、また、生物学において非常に重要なものばかりだ。
 例えば、20面体の頭部に6本の足が付いた月着陸船のような形をし、大腸菌に感染するウイルスであるT4ファージ。確かに顕微鏡写真を見るより、実際に作ってみたほうがはるかにその構造が理解できるだろう。さらに、生物学の実験に欠かせないショウジョウバエ、古生代に大繁栄した三葉虫、その三葉虫を捕食し、カンブリア紀の生態ピラミッドの頂点にいたアノマロカリスなどのペーパークラフトも収録されている。特にアノマロカリスの奇妙なデザインは、模型作りへの意欲をそそられる。
 生物のみならず、ロバート・フックが細胞を発見した際に使用した自作の顕微鏡や哺乳類の適応放散の立体図、眼球や脳の機能と構造がわかる模型などもあり、楽しみつつ、頭だけでなく手を使って生物学の世界に浸ることができるのだ。

週刊朝日 2012年12月7日号

精密立体 ペーパーバイオロジー

土屋英夫著

amazon
精密立体 ペーパーバイオロジー

あわせて読みたい

  • 地層のページに刻印された奇妙奇天烈な生物たち。「カンブリアン・モンスター」とは?

    地層のページに刻印された奇妙奇天烈な生物たち。「カンブリアン・モンスター」とは?

    tenki.jp

    8/31

    感染拡大する“新型コロナ” 福岡伸一が語る「ウイルスの基本的な生物学」
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    感染拡大する“新型コロナ” 福岡伸一が語る「ウイルスの基本的な生物学」

    AERA

    2/6

  • 生物学はいかに創られたか

    生物学はいかに創られたか

    週刊朝日

    9/5

    「おかしな主張だけど当時は正しかった」は科学の常 感染症屋が考える“学説”とは?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    「おかしな主張だけど当時は正しかった」は科学の常 感染症屋が考える“学説”とは?

    週刊朝日

    11/13

  • ハナアブが空中でホバリングできるのはなぜ? 高校生コンビが研究を重ねて翅の秘密を解明

    ハナアブが空中でホバリングできるのはなぜ? 高校生コンビが研究を重ねて翅の秘密を解明

    AERA

    4/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す