ハート、ドキュメンタリー映画で物議醸したテーマパークでのショーを取りやめる

Billboard JAPAN

 ドキュメンタリー映画『ブラックフィッシュ』の公開後に起きた署名運動を考慮し、ハートがシーワールド・オーランドでのパフォーマンスをキャンセルすることが12月7日に明らかになった。これまでにも同所での公演をベアネイキッド・レディースやウィリー・ネルソンがキャンセルしている。

 ギタリストのナンシー・ウィルソンが投稿したツイートでは、ショーは元々オーランド公演として予定していたといい、同マリン・テーマパークで行なわれると知っていたなら「私たちはやらないと言ったわ。だから今日NOと言ったのよ」としている。

 2月9日の同所でのパフォーマンスを考え直すよう、Change.orgのウェブサイトで直接ハートに寄せられた嘆願がプレッシャーとなったのだろう。バンドがショーをキャンセルするまでに、2000人近くの署名が集められていた。

 今回の発表は、前日6日にウィリー・ネルソンが“スケジュールの問題”のためシーワールドでのショーをキャンセルしたことに続くものだ。後にネルソンは「シーワールドで彼らがやっていることはあまり良いこととは言えない」とCNNに話している。また、先月にはベアネイキッド・レディースも映画『ブラックフィッシュ』を観たのち、同テーマパークでのショーを取りやめている。

 今年初めに公開された『ブラックフィッシュ』では、捕獲されたシャチのティリクムと関係者3名の死について論じるとともに、シーワールドで行なわれているとされる多くの海洋動物たちを使った訓練を非難している。

 なお、シーワールド側はこの映画は不正確だとしている。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック