シェールの新作、米アルバムチャートで自身最高位を獲得 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シェールの新作、米アルバムチャートで自身最高位を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

シェールの新作、米アルバムチャートで自身最高位を獲得

シェールの新作、米アルバムチャートで自身最高位を獲得

 シェールが米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”にて、自身のソロ・アルバムにおける過去最高位をマークした。


 最新チャートで3位に登場した彼女のニューアルバム『クローサー・トゥ・ザ・トゥルース』は、初登場最高位(ソロやその他含め)の記録でもある。初週6万3000枚を売り上げた(ニールセン・サウンドスキャン調べ)同作は、2002年(日本では2001年)の『リヴィング・プルーフ』以来のアルバムだ。


 これまで、1999年の『ビリーヴ』と2003年の『オール・タイム・ベスト・オブ・シェール(The Very Best of Cher)』での4位がソロ・アルバムでの最高位だったシェール。ソニー&シェールとして1965年のアルバム『ルック・アット・アス』で一度だけ同ランクより上位の2位になったことがある。米ビルボード・チャート“Hot 100”No.1シングル「アイ・ガット・ユー・ベイブ」が収録されている同作は、ザ・ビートルズの『Help!(4人はアイドル)』に次ぐ2位に8週間にわたってチャートインした。


 リリース週間中、彼女は米NBCの朝のニュース番組『トゥデイ』(9月23日)や、『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』(9月24日)に出演。唯一のゲストとして登場した『レイト・ショー~』では、同アルバムからの2ndシングル「アイ・ホープ・ユー・ファインド・イット」を披露していた。


 『クローサー・トゥ・ザ・トゥルース』の先行シングルであった「ウーマンズ・ワールド」は、8月に米“ダンス・クラブ/プレイ・ソング”チャートで8度目となるNo.1を獲得している。


トップにもどる エンタメ記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい