【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【マンガ】「心に嵐がある」「宇宙のなかで完全なもの」認知症になった父の表現が文学的ですごい!

あさとひわ著『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)

あさとひわ著『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)

 イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が話題です。なかでも印象的なのが、お父さんが放つ名言。そのなかの一つをご紹介します。

【マンガ】お父さんのスケールの大きな名言はこちら

■宇宙のなかで完全なもの

 ある日、あさとさんが台所で洗い物をしていると、ダイニングに座っていたお父さんがこう言います。

「ひわは この宇宙のなかで 完全なもの、って感じがするんだ」

 あさとさんは思わず洗い物の手を止めます。そしてこの日の帰り道、「ずいぶんとスケールの大きい話でした」とお父さんの言葉に思いをはせるのです。

あさとひわ著『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)

あさとひわ著『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)

 著者のあさとさんに、お話を聞いてみました。

――認知症になる前のお父さんも、こんな素敵な言葉を言ってくれたんですか?

 いえ、ありませんでした。気分の上下がある病気なので、気分がいいときには調子のいいこと言うんですね(笑)。でも、認知症だから言ったというより、父と私がそういう時間を持てたということかもしれません。父からの贈り物ですね。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい