アメリカ抗議デモで、丸山ゴンザレスが感動した“後始末” 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アメリカ抗議デモで、丸山ゴンザレスが感動した“後始末”

連載「カオスな現場の取材メモ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ゴンザレスdot.
 世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。
「Black Lives Matter」は、今回の抗議運動の象徴的な言葉になっている。日本語では「黒人の命も大切だ」と訳されている(写真提供/Takuma Yari)

「Black Lives Matter」は、今回の抗議運動の象徴的な言葉になっている。日本語では「黒人の命も大切だ」と訳されている(写真提供/Takuma Yari)

■行きつけの店が略奪の被害に…

 米国で広がる人種差別反対運動「Black Lives Matter」(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命も大切だ)は、いまだに続いている。抗議運動の初期には、どさくさに紛れて全米各地で略奪が起きた。

【写真】ゴンザレスが感動した後始末がこちら

 コロナ禍でのステイホームの反動もあったのだろうが、抗議とは関係ない違法行為は到底容認できない。インスタグラムを見ると、私のお気に入りブランド「SUPERARE」(スーパーアール)というニューヨークのブランドのロス支店も略奪の被害にあったというのだ。

 「SUPERARE」とは、格闘技用品などを扱っているアパレルブランドだ。世界各地の熱狂的なファンから人気を集めており、私もニューヨークで商品を買ったこともあった。そのSUPERAREに暴徒が踏み込んだ様子がインスタグラムで公開されていた。非常に胸を痛めたが、その次の投稿を見てさらに驚いた。
略奪された商品の空の箱がゴミ袋に詰められている。住民たちが片付けたようだ(写真提供/Takuma Yari)

略奪された商品の空の箱がゴミ袋に詰められている。住民たちが片付けたようだ(写真提供/Takuma Yari)


 そこには、壊された店のシャッターを直し、略奪で飛び散った商品の一部を店の中に放り込む通行人の姿があったのだ。

 今回の騒動で、略奪者は抗議者とは無関係であり、しかも少数だと言われていた。そのことを体現するような投稿である。

 そしてロスの友人からは別の動きも教えてもらった。

「商品が盗まれて、空の箱だけがそこら中に落ちていました。次の日、近くの住民たちが片付けていました」

 そう言って送られてきた画像には、大量の箱がゴミ袋に詰められ整然と並べられていたのだ。

 アメリカでは自分の家の前や近所の路上だからと率先して片付けるようなことはあまりない。道路掃除といえば、業者がやるものと相場が決まっているのだ。この片付けには「自分たちで街をきれいにする」というただならぬ意思が感じられた。

 暴動には、人の恐ろしさが現れる。だが、そんな状況をなんとか収めるのも人ななのである。そのことを目の当たりにし、救われる思いがした。(文/丸山ゴンザレス)

丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス/1977年、宮城県出身。考古学者崩れのジャーナリスト。國學院大學大学院修了。出版社勤務を経て独立し、現在は世界各地で危険地帯や裏社会の取材を続ける。國學院大學学術資料センター共同研究員。著書に『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』(光文社新書)など。

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい