【アレンジ非常食】ほんのひと手間でごちそうに変身!<洋食編> (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【アレンジ非常食】ほんのひと手間でごちそうに変身!<洋食編>

このエントリーをはてなブックマークに追加
 新型コロナウイルス、震災や風水害など、非常時に注目が集まる備蓄用の非常食。味付けも種類もバリエーション豊富で、どれをストックするか迷うほどだ。そんな非常食を、ふだんから食べたくなる一品に変えたり、1人分を2人でシェアしたりするヒントを紹介する。
1人前のパスタを2人でシェアできる!「2人で大満足カルボナーラ」

1人前のパスタを2人でシェアできる!「2人で大満足カルボナーラ」

【アレンジ非常食レシピの写真の続きを見る】

 新型コロナウイルスの感染は少しずつ収まりを見せているが、自然災害の多い日本では非常食のストックは欠かせない。しかし、「非常食はストックしているものの、実際に食べたことはない」という人も多いのでは? 親元を離れて1人暮らしをしている長女も、その1人。そこで、食べ方や味を知っておくためにも、非常食のローリングストック(賞味期限が切れる前の買い替え)を兼ねて、食べてもらった。

 とはいえ、水やお湯で戻すなど、決められた通りの食べ方だけではちょっと寂しい。毎日自炊していて、調理師と管理栄養士の資格も持っている長女は、調理やアレンジは手慣れたもの。そこで「家に常備している食材や調味料を使う」「電子レンジやオーブン、トースターは使用不可」「カセットコンロのみ使える」という条件で非常食アレンジに挑戦してもらった。

 非常食は味付けせずにそのまま食べられるものが多いから、野菜や卵、水などを加えて短時間加熱するだけで食べられる。忙しい時などふだんの料理に使えば時短にもなり、手間も時間も省けて一石二鳥だ。今回作ったのは、パスタやリゾットなどの洋食メニュー。パスタやスープなど、どれもそのままでもおいしい味付けだが、食材を足せば栄養バランスがよくなりお腹いっぱい食べられるし、1人前をかさ増しすれば2人でシェアすることもできる。

 また、昔ながらの硬くて味気ない「乾パン」のイメージも払拭したい。今や非常用のパンはしっとりしたデニッシュやマフィンなどのソフトタイプが主流。チョコ、オレンジ、ストロベリーなど種類も豊富で目移りするほどだ。そんなパン缶をさらにアレンジして、女性や子どもにうれしいデザートに変身させた。非常食の買い替えを考えている方は、ぜひいろいろなアレンジに挑戦して好みの味を探してみて!


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい