「BAND-MAID」インタビュー 「あのバンド」と比較されなくなった (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「BAND-MAID」インタビュー 「あのバンド」と比較されなくなった

このエントリーをはてなブックマークに追加
作田裕史dot.
BAND-MAIDは今年でバンド結成7年目。2月13、14日には「LINE CUBE SHIBUYA」で2DAYSライブを敢行する。撮影=加藤夏子

BAND-MAIDは今年でバンド結成7年目。2月13、14日には「LINE CUBE SHIBUYA」で2DAYSライブを敢行する。撮影=加藤夏子

 昨年12月に発売した3rdアルバム『CONQUEROR』(カンカラー)が全米ビルボード・チャートの3部門でランクイン、国内ではオリコン週間ロックアルバム部門で1位を獲得するなど、国内外のロックファンから注目を集めている5人組のガールズバンド「BAND-MAID」。メンバー5人に新アルバムの制作秘話や今後の展望を聞いた。

【写真】各メンバーのポートレートを特集

――「AERA」でインタビューをした2年前までは「ポストBABYMETAL」のような見方をされることが多かったように思います。今はBAND-MAIDに対する世間の見方もだいぶん変化したのでは?

KANAMI ベビメタと比較されなくなったよね。

小鳩ミク 確かに。それは大きいっぽね。
小鳩ミク(ギター&ボーカル)撮影=加藤夏子

小鳩ミク(ギター&ボーカル)撮影=加藤夏子

SAIKI 今まではBABYMETALを聞いて、BAND-MAIDも好きになりましたというかたが結構いたんですけど、今はBAND-MAIDが好きと単純に言ってくれるようになりました。「ロックは聞いたことなかったけどBAND-MAIDは好き」と言ってくれる人も多くて。「女の子がこんなかっこいいロックをやっているなんて知らなかった」と興味を持ってくれる若い人も増えました。私たちBAND-MAIDという「個」に注目してくれる人が増えたというのはうれしいですね。あと、「懐かしい音楽だね」と言われなくなった。

小鳩 確かに、それ言われなくなった! 昔は、特に海外では(ハードロックチューンの)「Thrill」という曲でファンになってくれたかたが多かったんですが、今は他の曲から好きになってくれる人が多くなっているみたいです。そういう影響もあるかなと思いますっぽ。

KANAMI 女の子もすごく増えたよね。お給仕では「お嬢様エリア」を作ることもあるんですが、そこにいっぱい女の子が来てくれて。「つぶされそう……大丈夫かな」と心配になることもありますが、ご主人様が女の子を助けてあげたりしているのを見るとほっこりします。女の子のファンが増えるのはうれしいです。

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい