「神レンズ」は存在するか? 岩合光昭、櫻井寛、鈴木理策、竹内敏信、森山大道、米美知子、ルーク・オザワ…写真家128人に聞いた! (2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「神レンズ」は存在するか? 岩合光昭、櫻井寛、鈴木理策、竹内敏信、森山大道、米美知子、ルーク・オザワ…写真家128人に聞いた!

米倉昭仁dot.#アサヒカメラ
「レンズに関するアンケート」質問事項一覧

「レンズに関するアンケート」質問事項一覧

 円グラフ(図3)は「レンズ選びで重視するポイントは?」という設問に対して、「描写力」「F値(明るさ)」「大きさ」「重さ」「手ブレ補正の有無」「価格」を複数回答可で選択してもらい、結果を多い順に示したものだ。

 予想どおり、もっとも重視されるのは「描写力」だった。

【描写力に関するコメント】

「描写性に納得がいくレンズ」(大西みつぐ)
「高い解像力と描写力」(木村惠一)
「細部を徹底的に描写するレンズ」(佐藤信太郎)
「描写力のいいレンズ」(白川義員)
「線が細く、高精細な描写力」(中西敏貴)
「描写力のよいものにつきます」(福田幸広)
「クリアで解像度が高い」(前川貴行)
「解像力に優れたレンズ」(水谷章人)
「高解像度」(森田敏隆)
「やはり描写力です」(吉村和敏)

■ボディーは軽くなりレンズは…

「描写力」を重視する、という声は約3割を占める。しかし、圧倒的多数というわけではなく、「重さ」「大きさ」「F値(明るさ)」を重視する声もそれぞれ約2割あり、レンズ選びの重要な要素となっていることがわかる。

 実際、回答を読み込んでいくと、レンズの描写力とともに、持ち運びやすさを求める声がたくさん寄せられていた。

【携帯性に関するコメント】

「ボディーは軽くなってもレンズはどんどん重くなるばかり……。クオリティーを考えると、使わざるを得ないが、性能はそのままで、とにかく小さく軽くしてほしい」(木原浩)
「F値は暗くても小型軽量高画質な高性能ズームがベスト」(櫻井寛)
「重量が軽く描写力のあるレンズ」(土田ヒロミ)
「高性能化はありがたいが重量を軽くしてほしい」(中田昭)
「超望遠であれ、大口径であれ、軽いのが理想」(桃井一至)
「重すぎ大きすぎのレンズは必要ない」(吉永陽一)
「ほしいのは軽量コンパクト。いらないのは重くて大口径」(米美知子)

 要は、大切なのは「バランス」(横木安良夫)なのである。自然風景を撮影する深澤武さんのコメントがわかりやすい。



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい