木村伊兵衛が体現した 一瞬で被写体を捉える技術 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

木村伊兵衛が体現した 一瞬で被写体を捉える技術

連載30 木村伊兵衛の「傑作が生まれる瞬間」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田沼武能dot.#木村伊兵衛
浅草寺で出会った紳士(1965年3月)

浅草寺で出会った紳士(1965年3月)

 土門拳は撮影する場所を事前に弟子に伝える。木村伊兵衛は何も言わない。助手は黙々と師匠の後ろをついてゆく。性格の違いだろう。それに、自分自身でもどこに行って何を撮るか決められない面もある。被写体との出会いから撮影が始まるからだ。

 たとえば浅草に行く。観音様をお参りするのだから、信心深い年寄りが多いと予想するが、どんな人に出会えるかわからない。その素晴らしい出会いを求めて眈々と歩き続ける。歩くスピードも速からず遅からず。ときにはウィンドーショッピングをするくらいのスピードで動く。決してあくせくしない。それでいていったん被写体を見つけると、素早く撮影ポイントに迫り、相手に気づかれぬうちに撮ってしまう。

 今回の仁王門わきの紳士も、地方から上京したのだろう、礼装し、腰に立派な金の鎖をさげ、ステッキを持つ紳士然とした姿を写している。それは木村が描いた人物像そのものであり、一瞬にしてとらえた腕前は絶賛に値する。驚くことにこの作品は一コマしか写していない。背景の仁王像が浅草と紳士の関係を的確に語っている。

選・文=田沼武能(たぬま・たけよし)
1929年、東京・浅草生まれ。49年サンニュースフォトス入社と同時に、木村伊兵衛氏に師事。アメリカのタイム・ライフ社との契約を経て72年に独立。日本写真家協会の会長を20年間務め、現在、日本写真著作権協会会長。

※『アサヒカメラ』2019年11月号より


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい