木村伊兵衛の手法 何気ない日常風景から時代をドキュメントする

連載28 木村伊兵衛の「傑作が生まれる瞬間」

アサヒカメラ

2019/11/03 11:30

 報道写真家・木村伊兵衛が目指したものは、自分の生きる時代の人々の暮らし、生きる姿をドキュメントすることであり、写真のエッセーにして語ることであった。

あわせて読みたい

  • 木村伊兵衛が写した漁師町「佃島」の生活風景

    木村伊兵衛が写した漁師町「佃島」の生活風景

    dot.

    6/30

    木村伊兵衛が撮った洗濯物干し場から見える「バブル」

    木村伊兵衛が撮った洗濯物干し場から見える「バブル」

    dot.

    5/9

  • 木村伊兵衛が春の京都で見た「友禅流し」

    木村伊兵衛が春の京都で見た「友禅流し」

    dot.

    7/1

    木村伊兵衛が出合い頭で撮った「大阪商人の姿」

    木村伊兵衛が出合い頭で撮った「大阪商人の姿」

    dot.

    7/24

  • 木村伊兵衛 社外アルバイトで食いつないだ1954年

    木村伊兵衛 社外アルバイトで食いつないだ1954年

    dot.

    11/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す