食材何でもOK「1人分冷凍パック」が革命的すぎる (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

食材何でもOK「1人分冷凍パック」が革命的すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加
スローマリッジ取材班dot.
「味つけの調味料を和風、洋風、中華、エスニックに変えれば、料理は無限大に広がりますよ」と村上さん。

 たんぱく質食材50g、野菜合わせて100gというルールがあるだけで、食材の組み合わせは自由。冷蔵庫に残った食材を組み合わせて作れば、思いがけない組み合わせが誕生するかもしれない。

 冷凍に向かない食材も基本的にはない。一般的に、こんにゃくは冷凍に向かないというが、確かに水分が抜け、解凍すれば解凍前と同じというわけにはいかない。いわゆる凍みこんにゃくになり、スポンジのような食感に。でも、この食感さえも楽しんでしまえばいいのだ。時間があるときに、食材を買い過ぎてしまったときに、気が向いたときに冷凍パックを作っておけば、1カ月程度は保存も可能。

 この冷凍パックを、食べたいときに取り出して、凍ったままの食材を耐熱容器に入れ、湯気が通るようにラップをふんわりとかける。調味料を入れ(レンチン後入れる場合も)、600Wの電子レンジで4分レンチン。これで1品でき上がり。
人気のサバ缶を入れた「さば缶+かぼちゃ+キャベツ」の冷凍パックで、おかずを2品作ってみた

人気のサバ缶を入れた「さば缶+かぼちゃ+キャベツ」の冷凍パックで、おかずを2品作ってみた

野菜たっぷりさばのみそ煮

野菜たっぷりさばのみそ煮

ベトナム風サラダ

ベトナム風サラダ

 野菜たっぷりさばのみそ煮は、4分レンチンして、液みそと砂糖各大さじ1を加えて混ぜるだけ。ベトナム風サラダは、4分レンチンして、粗みじん切りにしたバターピーナッツ5、6粒分と小口切りにした万能ねぎをのせて、ラー油をかければでき上がり。

 同じ冷凍パックでも、調味料を変えるだけで、和風とエスニックのおかずができる。

 汁物も簡単。みそ汁にしたいなら “液みそ”を活用。液みそは溶けやすく、出汁も入っているので、みそ汁を作るのに出汁をとる必要がない。こういう便利調味料もフル活用したい。
水120mlを注ぎ、液みそ大さじ1を加えて、6分レンチン。2分長めなのは水分を加えたから。みそ汁を1杯だけ作れるなんて、なんて画期的!

水120mlを注ぎ、液みそ大さじ1を加えて、6分レンチン。2分長めなのは水分を加えたから。みそ汁を1杯だけ作れるなんて、なんて画期的!

 おかず、汁物はもちろん、ご飯にのせれば丼、パンにはさめばサンドイッチといった、それ1品で主食になる料理にも。

「たまにはインスタト麺でもいいか」というときにも、冷凍パックを取り出して、レンチンしてのっければ、カラフルな焼きそばのでき上がり。
カニ風味かまぼこ+コーン+たまねぎ+ピーマンの冷凍パックを使用した

カニ風味かまぼこ+コーン+たまねぎ+ピーマンの冷凍パックを使用した

 とにかく、食材は何でもOKで、組み合わせ自由。「たんぱく質食材50g、野菜合わせて100g」というルールはあるが、冷蔵庫にたんぱく質食材が50gないというときは、足りない分野菜を少し多めに入れればいいだけ。肉や魚が多めより、野菜多めはかえってヘルシーでいいかも。

 ご飯さえ炊いておけば、後は冷凍パックで1品。余力があるならもう1品作ってもOK。汁物とおかずを作れば、立派な一汁一菜の献立になる。

 今日から1人分冷凍パックで“おひとり様のキッチン大革命”を起こしてみては!(スローマリッジ取材班/時政美由紀、写真/スタジオフィデル)


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい