勝つための基本陣形「八陣」大研究 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

勝つための基本陣形「八陣」大研究

短期連載「戦国合戦の作法と舞台裏」(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
小和田哲男dot.#歴史
図版左から「鶴翼」「魚麟」

図版左から「鶴翼」「魚麟」

 週刊朝日ムック「歴史道Vol.5」では、戦国合戦を大特集。源平がしのぎを削ったその勃興期、一対一で相まみえることが原則だった武士の戦い。しかし蒙古襲来、鉄砲伝来などの新しい風を受けて、合戦は集団対集団の形態に移行。雑兵・足軽を重用する戦術や陣形が練り上げられていった。ここでは「三国志」の時代に生まれた兵法を日本流の軍学が昇華させた「八陣」を紹介する。

※「長篠・設楽原の戦い」が首位! 戦国大合戦ランキング

【山中などの狭い地形の突破に適した「長蛇」と、広い場所での接近戦に向く「雁行」】

*  *  *
■諸葛亮の策を伝えた「八陣」の虚実とは?

 合戦をするとき、数千あるいは数万の軍勢が勝手に思い思いに戦っても勝ち目はないわけで、やはり、規則正しく、組織だって戦う方が有利である。陣形を整え、鎗隊・鉄砲隊というように隊列を組んで攻めかかった方がいいし、また、守る場合も守りやすい。

 では、そもそも基本的な陣形とされる「八陣」というものは、いつ、どのように生まれたものなのだろうか。文献的には、『続(※1)日本紀』の天平宝字4年(760)の条に、日本人軍師第一号などといわれる吉備真備が唐から「諸葛亮(しょかつりょう)八陣」をわが国にはじめて伝えたとみえる。諸葛亮は諸(※2)葛孔明のことである。
 
 「八陣」とは、魚麟(ぎょりん)・鶴翼(かくよく)・雁行(がんこう)・長蛇(ちょうだ)・偃月(えんげつ)・鋒矢(ほうし)・衡軛(こうやく)・方円(ほうえん)の八つの陣形のことをいう。

 魚麟は、全体が魚の形になり、一隊一隊をそれぞれ鱗うろこにみたてたものである。鶴翼は、ちょうど鶴が翼を広げたような形になり、鶴の頭の部分に大将が位置するようになっている。この魚鱗と鶴翼は最もオーソドックスな陣形といってよい。
図版左から「長蛇」「雁行」

図版左から「長蛇」「雁行」

  雁行は、雁が飛んでいく形に陣形を整えたもので、偃月は、彎月(わんげつ)ともいい、三日月形をした陣形で、鋒矢は、矢印の形、長蛇は字の通り、まっすぐ一列の陣形で、衡軛は互いちがいになる形で、方円は全体が円を描くような形である。


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい