荒木経惟が語る「人間より人形にひかれる理由」

2019/06/08 07:00

 2017年、荒木経惟さんの写真展の数は軽く10を超えた。その中には東京オペラシティ アートギャラリー(「写狂老人A」展)や東京都写真美術館(「センチメンタルな旅 1971-2017-」展)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(「荒木経惟 私、写真。」展)で行われた大規模なものや、海外(ドイツ)での展示、さらには「書」での展示(「後期高齢書」展)まで多方面にわたり、なにかこの1年がずっと荒木さんで埋め尽くされていたような感慨を抱かせるような勢いだった。

【写真の続きはこちら】


 昨年は少し落ち着きを取り戻したかのようだが、それでも途切れることなく展示と写真集の発表は続き、意気軒高ぶりを見せつけ、さらに今年も荒木さんの好調ぶりは続いている。

NEXT

いま気になっているのはAI

1 2

あわせて読みたい

  • 人妻は「女神度」が高い? アラーキー、10年以上続く連載を語る

    人妻は「女神度」が高い? アラーキー、10年以上続く連載を語る

    週刊朝日

    9/1

    「亭主には内緒」写真家・荒木経惟が撮り続ける“人妻ヌード”の魅力

    「亭主には内緒」写真家・荒木経惟が撮り続ける“人妻ヌード”の魅力

    週刊朝日

    6/20

  • 母が不倫相手とダイナマイトで心中…尾野真千子&末井昭が語る異色作

    母が不倫相手とダイナマイトで心中…尾野真千子&末井昭が語る異色作

    AERA

    3/31

    写真家・アラーキーが最初に惚れた男とは?

    写真家・アラーキーが最初に惚れた男とは?

    週刊朝日

    1/22

  • [連載]アサヒカメラの90年 第18回

    [連載]アサヒカメラの90年 第18回

    アサヒカメラ

    5/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す