丸山ゴンザレスが教える「グループ旅行で失敗しない5つのポイント」 卒業旅行でも要注意! (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山ゴンザレスが教える「グループ旅行で失敗しない5つのポイント」 卒業旅行でも要注意!

連載「超危険地帯英会話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ゴンザレスdot.#旅行
2、会計はどう払う?
 食事をしたあとで会計するときになって、誰がどう払うのかを決めるのは意外におっくうなものだ。特に満腹だったりすればなおさらだ。仲の良いグループなら「split the check」(割り勘)でもいいだろうが、仕事関係のグループだったら逆に気をつかってしまうこともあるだろう。そういうときには、こんなふうに店員に言ってみよう。
(イラスト/majocco)

(イラスト/majocco)


「Can we get separate checks, please?」(会計は別々にできますか?)

 ちなみに私は最初にお金を徴収する「会費方式」を採用することが多い。なくなったらまた全員から徴収すればいい。場合によってはこの役割の人だけ少し割引するということもでき、これだと不公平感が出にくいのでおすすめである。

 あと、どうしても自分で払いたがりの人もいるだろう。そういうときは、

「It’s my treat.」(おごるよ)

 などと言わずに、黙って支払ったほうがかっこいいと思う。

3、「立ち止まる」は申告する
(イラスト/majocco)

(イラスト/majocco)


 街歩きをしているとグループの中でひとりふたり、はぐれたりすることがある。原因はほかに注意を奪われて、前を歩く人を見失ってしまうから。特に昨今ではグループ内でもインスタ映え(ちなみに英語では「Instagenic」などと言うらしい)競争で出し抜こうと、黙って立ち止まってしまう。これにより群れから離れてしまった子羊になるので、「ちょっと待って!」と申告してから立ち止まろう。特に外国人との混成グループの場合、横断歩道を渡るタイミング(わりと信号を守らない)など、気になって立ち止まるポイントが違ったりするので注意しよう。

4、話せばわかる
 いろんな問題が起きるのがグループ旅行である。ただし、お互いにいい大人ならば、変に意地を張らずに話し合えば大抵のことは解決する。この点では追加でお伝えしておきたいことがある。結論や答えを出すための話し合いじゃなくて、反対している人を納得させたり、不満がある人の意見を聞いてあげたりする場にすることだ。
(イラスト/majocco)

(イラスト/majocco)




あわせて読みたい あわせて読みたい