ラーメンの鬼・佐野実の後を継いだ妻が愛する「維新商店」の手もみ極太麺とは?

ラーメン名店クロニクル

ラーメン

2018/11/25 12:00

 日本に数多あるラーメン店の中でも、屈指の名店というものがある。長く日本人の舌を喜ばせてきた老舗、一大ブームを作った名店の店主といえど影響を受けた店はあるはず。今回は“ラーメンの鬼”と呼ばれた佐野実さんが1986年に開業した神奈川の名店「支那そばや 本店」に迫る。2014年に佐野さんが亡くなった後も、変わらず味を守り続ける奥様の佐野しおりさんがプライベートで通い詰めるラーメン屋を紹介する。食材や製法にどこまでもこだわる“鬼”の後を受け継ぐしおりさんが愛する一杯には故・佐野実さんとの思い出が詰まっていた。

■とにかく佐野実と同じ舌を持たなければ 受け継ぐ妻の“プレッシャー”

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す