秋風にそよぐ「秋穂」の撮影を写真家が指南! 輝くように写す3つの方法

アサヒカメラ

2018/10/21 07:00

 肌にふれるひんやりとした空気に季節の移ろいを感じながら、風景を撮る。日常から解き放たれた心の軽やかさ。旅先での時間の流れとさまざまな出会いが胸に刻まれ、風景の印象をより深くする。美しい紅葉がドラマチックに目の奥に焼きつけられる。「アサヒカメラ」10月号では秋の風景の撮り方を特集。ここでは、写真家・福田健太郎氏による「秋穂の輝き」の撮影方法を紹介する。

あわせて読みたい

  • 色づいた季節を写真で残したい! 「落ち葉」に哀愁を漂わせる撮影テクニック

    色づいた季節を写真で残したい! 「落ち葉」に哀愁を漂わせる撮影テクニック

    dot.

    10/20

    紅葉に美しく映える「霧」の撮影法 写真家が大切にする「基本」とは?

    紅葉に美しく映える「霧」の撮影法 写真家が大切にする「基本」とは?

    dot.

    10/19

  • 鮮やかな紅葉の山の写真は、なぜ平面的になる? 写真家の「足す」フレーミング

    鮮やかな紅葉の山の写真は、なぜ平面的になる? 写真家の「足す」フレーミング

    dot.

    10/18

    朝夕の光はドラマを生む 主役の紅葉を立てる撮影法

    朝夕の光はドラマを生む 主役の紅葉を立てる撮影法

    dot.

    10/25

  • 【レンズレビュー】写真家8名が徹底解説「風景撮るならこの1本!」

    【レンズレビュー】写真家8名が徹底解説「風景撮るならこの1本!」

    dot.

    10/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す