皇太子さま、安倍首相も泊まったトルコ宮殿ホテルで知るオスマン帝国時代のスルタンの暮らし (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

皇太子さま、安倍首相も泊まったトルコ宮殿ホテルで知るオスマン帝国時代のスルタンの暮らし

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀dot.
チュラーンパレスケンピンスキーイスタンブール。日本での予約先:ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド0120-086-230 (平日9:30~18:00、祝土日を除く) 
www.LHW.com/ciraganpalace

チュラーンパレスケンピンスキーイスタンブール。日本での予約先:ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド0120-086-230 (平日9:30~18:00、祝土日を除く) www.LHW.com/ciraganpalace

 

 世界で唯一アジアと欧州にまたがる国、トルコ共和国は、国土の95%がアジアで、5%がヨーロッパ。物価が安いイメージだが、高いものもある。たとえばタバコ。家も高い。物価は極端なのだ。エーゲ海のカフェでは100円でチャイが飲めたが、エーゲ海クルーズは貸切1週間で1700万円だった。エーゲ海沿いの保養地は物価が安いが、イスタンブールにまでくると物価が上がる。

 トルコ国内一、高いホテルに泊まってみた。

 アジアとヨーロッパを結ぶボスポラス海峡を臨む「チュラーンパレスケンピンスキーイスタンブール」だ。多くの皇族や各国首脳が宿泊することで知られている。
宿泊したセレブリティたちの写真がたくさん

宿泊したセレブリティたちの写真がたくさん

 かつてオスマン帝国のチュラーン宮殿だったホテルだ。宿泊客でもセキュリティチェックをしっかりとされる。ロビーの壁にはこれまでに宿泊したセレブリティの写真がずらり。宮殿の面影が残る場所もある。円天井に、上品なアンティークや織物などが飾られたパレススィート。オスマン帝国時代の豪華な暮らしぶりがうかがえる。
 

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい