失われた「ルート66」を求めて 写真でたどる米国カルチャーを創造したマザー・ロードの記憶 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

失われた「ルート66」を求めて 写真でたどる米国カルチャーを創造したマザー・ロードの記憶

連載「六九亭日乗」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大友博dot.
 米国の音楽や文化の源となり「マザー・ロード」とも呼ばれる「ルート66」。数々のアーティストが作品の舞台に選んだ米国で最も知られた道だが、今は存在しない。音楽ライターの大友博さんは、その道を過去に辿ったことがある。当時の記憶を写真とともに語る。

【写真特集】街がなくなり、廃墟も……消えた「ルート66」

* * *
ニューメキシコ州アルバカーキ周辺の旧道(撮影/大友博)

ニューメキシコ州アルバカーキ周辺の旧道(撮影/大友博)

 つい先日のことだ。なにが目的だったかは忘れてしまったが、あっちのサイトからこっちのサイトへとあれこれ調べ回るうち、1926年11月、つまり91年前のちょうど今ごろ、U.S.ルート66が完成したことを知った。

 イリノイ州シカゴからミズーリ州、オクラホマ州、カンザス州、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州を抜けてカリフォルニア州ロサンゼルス/サンタモニカへと至る約4千キロの道。スタインベックの『怒りの葡萄』、ケルアックの『オン・ザ・ロード/路上』、映画『イージー・ライダー』などさまざまな名作で重要な役割をはたし、「メイン・ロード・オブ・アメリカ」、あるいは「マザー・ロード」とも呼ばれてきたあの道だ。

 ナット・キング・コールからローリング・ストーンズまで多くのアーティストによって歌われた「(ゲット・ユア・キックス・オン)ルート66」、日本でも放送されたテレビ・シリーズ『ルート66』などの影響もあってか、ルート66の知名度は抜群だ。アメリカをイメージしたバーやライヴ・ハウスなどでルート66関連のステッカーやポスター、ナンバー・プレートなどを目にすることも多いだろう。

 もっともよく知られたアメリカの道といっていいかもしれないが、実は、ルート66という道はもう存在していない。インターステイト・ハイウェイ(州間幹線道路)の普及など近代化の波を受けて80年代半ばに公式な全米道路網から外され、すでに「幻の街道」となってしまっているのだ。

テキサス州の廃屋(撮影/大友博)

テキサス州の廃屋(撮影/大友博)

 ちょうど20年前ということになる97年の秋、CS系旅番組のための撮影取材にスタッフとして参加し、その「幻の街道」4千キロの道のほぼ全行程を走る機会を得た。音楽をベースに編集していくという方針が事前にたてられていて、その選曲が主な仕事だったのだが、いろいろな事情があって、イリノイ州を走る途中で僕がハンドルを握ることになり、そのままサンタモニカまで前方左側の席に座りつづけたのだった。


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい