子ども部屋が散らかって勉強しない “元凶”は学習机だった?! (2/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子ども部屋が散らかって勉強しない “元凶”は学習机だった?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
三木智有dot.#ママ友#出産と子育て#教育
 こうなってしまう要因が、なんと入学と同時に買い与える学習机にあると言ったら「それは言いすぎだ!」と思うでしょうか?

 では、多くの家庭においてなぜ学習机が部屋の散らかりの原因になってしまうのか。その3つの理由をお伝えします!

(1)学習机を使いこなすのは難しい
(2)学習机はとにかくデカイ!
(3)学習机のある所=勉強する場所は思い違い

■理由1:学習机は使いこなすのが難しい

 様々なご家庭のモヨウ替えを行っていると、学習机が"効率の悪い物置化"してしまっているケースをよく見かけます。

 増え続ける学校のプリント。参考書や図鑑。勉強とは関係ないマンガやカード。とてもじゃないけど、勉強をする前に片付けをしないと始められないという状況。

 もちろん親御さんは口を酸っぱくして言い続けています。「片付けなさい!」と。

 収納と作業スペースがひとつになっていると"ついつい"物を置き続けてしまいます。デスクの奥に棚が設置されている学習机は、必要な時に物がすぐに取り出せて便利そうに見えますが、これが散らかる原因。なぜなら机についている棚では全部を収納できないから。つまり、棚にしまう物とその他の場所にしまう物を使い分けて選別しなくてはいけません。これが結構、難しいのです。



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい