NYの大麻売人を取材する作法「chill」とは?

連載「丸山ゴンザレスの超危険地帯英会話」

超危険地帯英会話

2017/10/08 16:00

 世界中を旅しつつ、スラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレス。インタビューの基本は英語である。それもフィリピンで習得したアジアン・イングリッシュ。ブロークンであるがゆえに、恐ろしくも奇妙で日常生活ではまず使うこともないようなやり取りも生まれてしまう。そんな危険地帯で現地の人々と交わした"ありえない英会話"を紹介する本連載、今回のキーワードは、ニューヨークでドラッグの売人を取材中に質問した「Do you like nuts?(ナッツ、お好きなんですか?)」である。英語のテクニックによらないコミュニケーションで、何を聞き出すことができたのか。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す