坂本花織、三原舞依に続く“3番手”は? 全日本ではジュニアが躍進、シニアで期待の選手は

2022/12/26 18:00

 連覇を達成した坂本花織(シスメックス)が、昨年より1.01点低いだけの233.05点で圧勝し、GPファイナル優勝の三原舞依(シスメックス)が219.93点で2位と、シーズン前半戦の結果を見れば順当な1位、2位となった全日本フィギュアスケート選手権の女子シングル。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す