北欧で成功した「精子提供ビジネス」の実態と“子供の知る権利”をめぐる衝撃的な事実

AID

2022/11/25 17:00

 1980年代、エイズの蔓延によって確立した精子の凍結・解凍技術や厳正なセレクションによって信頼度と知名度を上げた海外の「精子バンク」は不妊に悩む多くのカップルを救ってきた。北欧で成功した「精子提供ビジネス」。匿名提供をやめた国はスウェーデン、オーストラリア、ニュージーランドなど12カ国ある。匿名提供と非匿名提供の難しさはどこにあるのか。10年以上にわたり取材を続けるジャーナリスト大野和基氏の新刊『私の半分はどこから来たのか――AIDで生まれた子の苦悩』(朝日新聞出版)から一部抜粋して紹介する。

あわせて読みたい

  • これまで約6万5千人の子供が誕生した世界最大の「精子バンク」 5~10%しか合格できないドナーたちの実態

    これまで約6万5千人の子供が誕生した世界最大の「精子バンク」 5~10%しか合格できないドナーたちの実態

    dot.

    11/29

    善意装い本当は性交渉目的の男性も “精子売買”SNSで広がる実態と闇取引の背景

    善意装い本当は性交渉目的の男性も “精子売買”SNSで広がる実態と闇取引の背景

    週刊朝日

    11/2

  • 世界最大の精子バンクに「日本人ドナー」なし 登録しづらい背景とは?

    世界最大の精子バンクに「日本人ドナー」なし 登録しづらい背景とは?

    AERA

    9/16

    SNSで広がる精子「闇取引」の実態は? 日本初の精子バンクを設立した不妊治療専門医に聞く

    SNSで広がる精子「闇取引」の実態は? 日本初の精子バンクを設立した不妊治療専門医に聞く

    dot.

    7/11

  • 世界最大の精子バンクが日本上陸 AIDで生む「3組5人の選択」とは

    世界最大の精子バンクが日本上陸 AIDで生む「3組5人の選択」とは

    AERA

    9/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す