月面での長期滞在「カギ」を握るのは日本のミサワホーム 南極で築き上げた成果が月で生きる理由

南極

2022/11/18 17:00

 米アポロ計画以来、半世紀ぶりに人類は月を目指す。日本も参加する「アルテミス計画」の第1弾として11月16日、米航空宇宙局(NASA)はフロリダ州のケネディ宇宙センターから新型ロケット「SLS」で宇宙船「オリオン」を打ち上げた。今回の無人飛行試験を経て、月面の南極付近に着陸し、氷が含まれる地質などを調査する予定だ。この氷から水が得られれば、将来、地球の南極基地と同様に月面での長期滞在が可能になるかもしれない。その課題に取り組んでいるのが住宅メーカーのミサワホームだ。

あわせて読みたい

  • 南極観測「まだやってたの?」に愕然 宇宙でのケア研究も

    南極観測「まだやってたの?」に愕然 宇宙でのケア研究も

    AERA

    4/18

    【ニッポンの課長】ミサワホーム「豊かなる、家」

    【ニッポンの課長】ミサワホーム「豊かなる、家」

    AERA

    11/2

  • 今、南極観測隊を一番悩ませるのは◯◯ しらせも苦戦

    今、南極観測隊を一番悩ませるのは◯◯ しらせも苦戦

    AERA

    4/10

    1月29日は「南極の日」。南極では風邪にはかからないその理由

    1月29日は「南極の日」。南極では風邪にはかからないその理由

    tenki.jp

    1/28

  • 早大に東大、京大…南極観測隊の始まりは“山岳部の競争”だった

    早大に東大、京大…南極観測隊の始まりは“山岳部の競争”だった

    週刊朝日

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す