ゴルバチョフ氏は“国葬”に値しない? 食料難で「飲むヨーグルトが夕食」ペレストロイカの理想と現実

ウクライナ侵攻

2022/09/04 08:00

 ノーベル平和賞受賞者だが、ロシア国内での人気はゼロに近い――。8月30日に亡くなったゴルバチョフ元ソ連大統領について、評価は国内外で大きく割れている。9月3日の葬儀は、当初は“国葬”並みの扱いと報じられていたが、プーチン大統領も公務を理由に欠席し、静かな別れだったという。東西冷戦を終結させ、社会主義ソ連に終止符を打った指導者はどんな人物だったのか。ペレストロイカ最盛期のモスクワに留学していた岡野直氏が、当時の国内事情を振り返り、ゴルバチョフ氏の功罪を分析した。

あわせて読みたい

  • ミッツ・マングローブ「ゴルビー死す。ペレストロイカは過去に」
    筆者の顔写真

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「ゴルビー死す。ペレストロイカは過去に」

    週刊朝日

    9/14

    ゴルバチョフ氏が残した「戦争の目を摘む教訓」 冷戦後の西側の振る舞い巡り問題提起

    ゴルバチョフ氏が残した「戦争の目を摘む教訓」 冷戦後の西側の振る舞い巡り問題提起

    AERA

    9/13

  • 田原総一朗「ゴルバチョフの『対話と協調』が今こそ大事だったが…」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「ゴルバチョフの『対話と協調』が今こそ大事だったが…」

    週刊朝日

    9/14

    「ゴルバチョフ氏の愚は繰り返さぬ」鈴木宗男氏が語るプーチン大統領の論理

    「ゴルバチョフ氏の愚は繰り返さぬ」鈴木宗男氏が語るプーチン大統領の論理

    AERA

    3/7

  • プーチン“大帝”の夢想 ロシアを大国に変貌させた「ピョートル大帝」への崇拝

    プーチン“大帝”の夢想 ロシアを大国に変貌させた「ピョートル大帝」への崇拝

    AERA

    6/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す