第100回夏の甲子園盛り上げた球児たち 根尾らとプロでも“共演”期待したいドラフト候補は

ドラフト

2022/06/24 18:00

 ここ数年の夏の甲子園で最も盛り上がりを見せた大会となると、やはり2018年の第100回大会になるのではないだろうか。大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇を達成し、“カナノウフィーバー”と言われた金足農の快進撃も社会現象となった。出場した選手もタレント揃いで、藤原恭大(大阪桐蔭→ロッテ1位)、根尾昂(大阪桐蔭→中日1位)、小園海斗(報徳学園→広島1位)、吉田輝星(金足農→日本ハム1位)、渡辺勇太朗(浦和学院→西武2位)、野村佑希(花咲徳栄→日本ハム2位)が上位指名でプロ入りしている。あれから4年が経ち、大学に進んだ選手も今年がドラフトイヤーとなるが、100回大会を沸かせた選手でプロ入りする可能性が高いのは誰なのか。春のシーズンが終わった時点での現在地を探ってみたいと思う(対象は2018年夏の甲子園に出場した選手)。

あわせて読みたい

  • 中日・根尾らをプロで追い抜く? 大学・社会人に進んだ“ミレニアム世代”の現在地

    中日・根尾らをプロで追い抜く? 大学・社会人に進んだ“ミレニアム世代”の現在地

    dot.

    4/16

    中日・根尾らと“同級生”の大学生がついにプロへ 野手は豊作、ドラフトの目玉は誰だ

    中日・根尾らと“同級生”の大学生がついにプロへ 野手は豊作、ドラフトの目玉は誰だ

    dot.

    4/5

  • 【2022年ドラフト候補トップ10 野手編】六大学に“2人の逸材”  高校生の大砲にも注目

    【2022年ドラフト候補トップ10 野手編】六大学に“2人の逸材” 高校生の大砲にも注目

    dot.

    1/4

    “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    dot.

    9/17

  • プロでの共演に期待! 大学・社会人に進んだ「根尾世代」で頭角現す選手たち

    プロでの共演に期待! 大学・社会人に進んだ「根尾世代」で頭角現す選手たち

    dot.

    4/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す