佐々木朗希、一流投手と比べても“別格” 既に異次元の域に到達もピークはまだ先

2022/04/18 18:00

 一人だけ違う次元で野球をしている。そんな錯覚を覚えた人も多かったのではないだろうか。28年ぶりの完全試合から1週間後に行われた4月17日の日本ハム戦、佐々木朗希はまたしても一人の走者を出さないまま8回を投げ抜いたのだ。味方の援護がなく、球数も102球を数えたということもあり、今後のことを考えての降板となったが、もし1点でもチームが得点を奪っていれば2試合連続の完全試合の可能性も極めて高かっただろう。

あわせて読みたい

  • 佐々木朗希は衝撃デビュー確実? 各チーム開幕前の“ポジ要素”をまとめてみた<パ・リーグ編>

    佐々木朗希は衝撃デビュー確実? 各チーム開幕前の“ポジ要素”をまとめてみた<パ・リーグ編>

    dot.

    4/3

    大谷翔平を超える?「平成最後の怪物」が岩手の県立高校に現れた!

    大谷翔平を超える?「平成最後の怪物」が岩手の県立高校に現れた!

    dot.

    7/12

  • 史上最強の「打てる捕手」へ…森友哉が圧倒的成績で有力<パ・リーグ月間MVP予想>

    史上最強の「打てる捕手」へ…森友哉が圧倒的成績で有力<パ・リーグ月間MVP予想>

    dot.

    9/3

    1位指名も複数あるぞ! U-18W杯で高い潜在能力見せた「ドラフト候補」は?

    1位指名も複数あるぞ! U-18W杯で高い潜在能力見せた「ドラフト候補」は?

    dot.

    9/10

  • 大谷に続け! 大阪桐蔭・根尾、プロでも「二刀流」の可能性は…

    大谷に続け! 大阪桐蔭・根尾、プロでも「二刀流」の可能性は…

    dot.

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す