京大生の歯磨きチューブ盗撮は氷山の一角 極小サイズや怪しいカメラは野放しでいいのか

京大生

2022/04/15 08:00

自宅に遊びに来た女子大生らを盗撮したとして、京都大学3年の男(22)が逮捕された。男は歯磨き粉のチューブや植木鉢に隠しカメラを仕込み、トイレや洗面所に設置していた。さらに動画をSNSに投稿していたという。盗聴・盗撮の調査を行う専門家は「どこにでも仕込める極小サイズのカメラを誰でも購入でき、隠しカメラを作れる時代。この事件も氷山の一角にすぎない」と警鐘を鳴らす。

あわせて読みたい

  • 「盗撮冤罪」から身を守れ! 元刑事が語る、写真愛好家と盗撮犯の違いとは?

    「盗撮冤罪」から身を守れ! 元刑事が語る、写真愛好家と盗撮犯の違いとは?

    dot.

    7/4

    元刑事が語る「写真愛好家」と「盗撮犯」の違いとは?

    元刑事が語る「写真愛好家」と「盗撮犯」の違いとは?

    dot.

    2/7

  • カメラを向けただけで条例違反?「盗撮冤罪」から身を守れ

    カメラを向けただけで条例違反?「盗撮冤罪」から身を守れ

    アサヒカメラ

    7/6

    街中での撮影するときの「不安感」は写真週刊誌のせい!? プロが語るその理由とは

    街中での撮影するときの「不安感」は写真週刊誌のせい!? プロが語るその理由とは

    dot.

    8/3

  • 新大学生・社会人が狙われやすい「ドアスコープ」盗撮 オートロックでも油断大敵

    新大学生・社会人が狙われやすい「ドアスコープ」盗撮 オートロックでも油断大敵

    dot.

    4/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す