直木賞作家・中島京子さん ウクライナからの避難民受け入れで感じる難民政策の「ダブルスタンダード」

『やさしい猫』第56回吉川英治文学賞と芸術選奨に選ばれる

入管

2022/03/29 11:03

 スリランカ人男性と日本人母子が小さな家族を築こうとしていたが、ビザの更新にかかる不手際でスリランカ人男性は不法残留として入管施設に収容され、強制送還されそうに。家族は崩壊の危機に迫られる―――。実際に日本の片隅で起きているような入管問題をテーマにした小説『やさしい猫』(中央公論新社)が、第56回吉川英治文学賞と芸術選奨(大臣賞)に選ばれた。著者である直木賞作家・中島京子さんに、日本の入管行政と難民問題について聞いた。

あわせて読みたい

  • 入管の「密室」の実態 トイレまで24時間監視…収容経験者「何度も死ぬと思った」

    入管の「密室」の実態 トイレまで24時間監視…収容経験者「何度も死ぬと思った」

    AERA

    12/16

    「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    AERA

    12/17

  • 「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    AERA

    11/11

    「入管がウィシュマさんを見殺しに」代理人弁護士が語る人命軽視、隠蔽体質

    「入管がウィシュマさんを見殺しに」代理人弁護士が語る人命軽視、隠蔽体質

    週刊朝日

    9/10

  • ウィシュマさん事件の真実 有田芳生議員×指宿昭一弁護士が迫る

    ウィシュマさん事件の真実 有田芳生議員×指宿昭一弁護士が迫る

    週刊朝日

    3/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す