「アイツはいじめてもいい」と犬笛を吹く存在とは? 社会から「いじめ」がなくならないこれだけの理由 <内田樹×岩田健太郎>

書籍

2022/03/21 16:00

 なぜ、いじめはなくならないのか。最新共著作『リスクを生きる』(朝日新書)で哲学者・内田樹さんと医者・岩田健太郎さんは「アイツはいじめてもいい」と犬笛を吹く存在を鋭く指摘する。リスク社会を生き抜くための視点を本書から抜粋してご紹介する。

あわせて読みたい

  • 内田樹「コロナと共生する社会」 岩田健太郎医師と語ったウイルスと人類

    内田樹「コロナと共生する社会」 岩田健太郎医師と語ったウイルスと人類

    AERA

    4/17

    樹木希林が死の直前に「死なないで。どうか生きて」と言った意味 内田也哉子が母から引き継いだもの

    樹木希林が死の直前に「死なないで。どうか生きて」と言った意味 内田也哉子が母から引き継いだもの

    週刊朝日

    9/11

  • “自称”専門家の見分け方 「わかる」のが専門家ではなく、むしろ「わからない」のが専門家 <内田樹×岩田健太郎>

    “自称”専門家の見分け方 「わかる」のが専門家ではなく、むしろ「わからない」のが専門家 <内田樹×岩田健太郎>

    dot.

    4/4

    教師のうつ病は一般企業の2.5倍 教育現場に求められる「教師の資質」

    教師のうつ病は一般企業の2.5倍 教育現場に求められる「教師の資質」

    dot.

    8/20

  • 岩田健太郎×内田樹 日本のコロナ対応の遅さは「“最悪の事態”想定しないから」

    岩田健太郎×内田樹 日本のコロナ対応の遅さは「“最悪の事態”想定しないから」

    AERA

    4/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す