資産家はどうやってアート作品を買い集めるのか? コレクターを支えるプロの「本物の見極め方」

なぜ1億円のアート作品がポチられるのか #3

NFT

2022/02/01 11:00

 ZOZO創業者の前澤友作氏、ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正氏など、経営者や資産家がアートコレクターになる例は多い。では一体、彼らの作品は誰がどうやって買い集めているのか? アートを巡る新しい潮流を紹介する連載「なぜ1億円のアート作品がポチられるのか」。3回目はアート作品のコレクションをつくる「アート・アドバイザー」というお仕事について。

あわせて読みたい

  • コロナ禍でも美術品が億単位で落札される理由は? 元「国際金融のプロ」が解説

    コロナ禍でも美術品が億単位で落札される理由は? 元「国際金融のプロ」が解説

    dot.

    4/27

    絵画は金持ちだけのものじゃない! 「全世界、送料無料」のアートマーケットをつくった日本人とは

    絵画は金持ちだけのものじゃない! 「全世界、送料無料」のアートマーケットをつくった日本人とは

    NFT

    dot.

    1/22

  • “家宝”の換金は難しい! 面倒くさすぎる古美術を売るステップ
    筆者の顔写真

    黒川博行

    “家宝”の換金は難しい! 面倒くさすぎる古美術を売るステップ

    週刊朝日

    9/12

    500万円の名画を即買い 北海道の「カニ卸問屋」が世界中のアート作品を集めている理由

    500万円の名画を即買い 北海道の「カニ卸問屋」が世界中のアート作品を集めている理由

    dot.

    3/24

  • アートの真骨頂はギャラリーにあり 鑑賞から購入へ世界が広がる方法

    アートの真骨頂はギャラリーにあり 鑑賞から購入へ世界が広がる方法

    AERA

    7/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す