かつて「蓄膿症」と呼ばれた副鼻腔炎 治りにくいタイプに「切り札」となる治療薬が登場

ヘルス

2022/01/29 09:00

 かつては蓄膿症と呼ばれた「慢性副鼻腔炎」。近年、患者は減少傾向にあるという。しかし、代わりにアレルギーと関わりの深い難治性の慢性副鼻腔炎が増加している。何が違うのだろうか。原因や最新治療について専門医に聞いた。

あわせて読みたい

  • 喘息と関係している? 新型の“副鼻腔炎”とは

    喘息と関係している? 新型の“副鼻腔炎”とは

    週刊朝日

    8/27

    患者数100万人 長引く鼻づまりは「蓄膿症」を疑うべし

    患者数100万人 長引く鼻づまりは「蓄膿症」を疑うべし

    週刊朝日

    8/25

  • 花粉症があると「ぜんそく」が悪化? ぜんそく患者の7割がアレルギー性鼻炎を合併

    花粉症があると「ぜんそく」が悪化? ぜんそく患者の7割がアレルギー性鼻炎を合併

    dot.

    12/12

    花粉症で咳や発熱、頭痛、のどのかゆみも! 医師がすすめる自分に合った対処法

    花粉症で咳や発熱、頭痛、のどのかゆみも! 医師がすすめる自分に合った対処法

    dot.

    3/20

  • 片方だけの「鼻づまり」は腫瘍の可能性も 鼻水や鼻づまりで注意すべき病気の見分け方

    片方だけの「鼻づまり」は腫瘍の可能性も 鼻水や鼻づまりで注意すべき病気の見分け方

    dot.

    1/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す