川中島、関ヶ原、九頭龍川…合戦すべきは「河原」か「野原」か? 野戦の2大定番スポット研究

歴史道

2022/01/14 09:00

 源平がしのぎを削ったその勃興期、一対一で相まみえることが原則だった武士の戦い。しかし蒙古襲来、鉄砲伝来などの新しい風を受けて、合戦は集団対集団の形態に移行。雑兵・足軽を重用する戦術や陣形が練り上げられていった。その用兵の極意とはいかなるものだったのか? 週刊朝日ムック『歴史道別冊SPECIAL 戦国最強家臣団の真実』では勝つための「陣形」と「戦術」を大研究。ここでは、合戦の場所について論じる。

あわせて読みたい

  • 謎解き「関ヶ原合戦」ドキュメント! 決戦の地になったのは偶然? 戦いの火蓋は何時に?

    謎解き「関ヶ原合戦」ドキュメント! 決戦の地になったのは偶然? 戦いの火蓋は何時に?

    dot.

    1/1

    石田三成、関ヶ原前夜の攻防戦「美濃迎撃ライン構想」とは

    石田三成、関ヶ原前夜の攻防戦「美濃迎撃ライン構想」とは

    dot.

    7/1

  • 歴史発掘イベント 関ケ原にいざ、参戦!

    歴史発掘イベント 関ケ原にいざ、参戦!

    週刊朝日

    10/19

    早すぎた現代人・石田三成が最も苦しめられたのは◯痛だった?
    筆者の顔写真

    早川智

    早すぎた現代人・石田三成が最も苦しめられたのは◯痛だった?

    dot.

    5/25

  • 合戦の「八陣」は諸葛亮孔明の発案? 日本流の軍学が昇華させた「勝つため」の陣形とは

    合戦の「八陣」は諸葛亮孔明の発案? 日本流の軍学が昇華させた「勝つため」の陣形とは

    dot.

    1/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す