「中年の星」錦鯉M-1優勝で視聴者もらい泣き 「第7世代に負けない輝き」の称賛

2021/12/20 15:50

 心を揺さぶられた視聴者は多いだろう。漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2021」決勝が19日に行われ、お笑いコンビ「錦鯉」が第17代王者に輝いた。優勝が発表されると、ボケ担当の長谷川雅紀(50)は「諦めないでやってきてよかった。僕はラストイヤーが56歳だった。その前に今年決めれてよかった」と号泣。ツッコミ担当の渡辺隆(43)も「本当に雅紀さんとコンビ組めて良かったです」声を上ずらせた。2人が抱き合う光景を見て、審査員たちももらい泣き。サンドウィッチマンの富澤たけしが「賞金で歯、入れてください」と目をうるませると、ナイツの塙宣之は「本当、ごめんなさい。モグライダーが残念でなりません」とおどけたが、目元をぬぐった。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す