惨敗、敗走、死の刹那…秀吉と戦った明智光秀の脳裏に「足利尊氏の成功」があったのか

歴史道

2021/12/27 07:00

 秀吉との決戦に敗れ、失意の中落ち延びた光秀。その胸に去来したのは死に場所か、再起への決意か……。諸説ある最期と、死してなお日本人に遺した光秀の思いとは? 週刊朝日ムック『歴史道 Vol.13』から、戦国武将の生き死にを見つめ続けてきた歴史・時代小説作家の江宮隆之による読み解きを前後編に渡ってお届けする。この前編では、光秀の脳裏にあった「足利尊氏の成功」を読み解く。

あわせて読みたい

  • 戦国最大のミステリー「本能寺の変」 明智光秀をそそのかした”黒幕”は誰だ?

    戦国最大のミステリー「本能寺の変」 明智光秀をそそのかした”黒幕”は誰だ?

    dot.

    12/24

    明智光秀と織田信長「相思相愛」だった主従関係はなぜ破綻した? 蜜月と離反の深層心理

    明智光秀と織田信長「相思相愛」だった主従関係はなぜ破綻した? 蜜月と離反の深層心理

    dot.

    12/22

  • 「信長暗殺」の黒幕説検証 徳川家康がかつて妻子を殺された恨みをはらすために光秀を走らせた?

    「信長暗殺」の黒幕説検証 徳川家康がかつて妻子を殺された恨みをはらすために光秀を走らせた?

    dot.

    12/26

    「麒麟がくる」担当の歴史学者が「必見」と語る 明智光秀ゆかりの城とは

    「麒麟がくる」担当の歴史学者が「必見」と語る 明智光秀ゆかりの城とは

    AERA

    4/1

  • 織田軍団の「出世頭」が密かに叛意を募らせていたワケとは? 明智光秀の苦悩と葛藤

    織田軍団の「出世頭」が密かに叛意を募らせていたワケとは? 明智光秀の苦悩と葛藤

    dot.

    12/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す