創価学会女性会員が語る「私が甘利明元幹事長に票を入れなかった理由」

公明党

2021/11/04 18:24

 先の衆院選では、自民党の甘利明前幹事長(72)が現役の幹事長で初めて、自身の選挙区で落選した。敗因の一つとして、連立を組む公明党の支持が広がらなかったことも挙げられている。甘利氏が公明党から推薦を得られたのは、3次推薦の10月16日。公示日の3日前だった。投開票前の読売新聞(10月29日付)は「甘利は自民支持層の9割弱を固めたが、公明支持層からの支持が6割弱と伸び悩む」と報じていた。公明党の支持母体である創価学会員はどう感じていたのか。選挙区を取材した。

あわせて読みたい

  • まさかの「落選危機」甘利幹事長が3日連続で地元にべたばり 自民党から不満続出も

    まさかの「落選危機」甘利幹事長が3日連続で地元にべたばり 自民党から不満続出も

    dot.

    10/30

    甘利明・自民党幹事長が辞意 「批判で公明票が伸び悩み敗北」 “冷や飯”組の反転攻勢で政局に

    甘利明・自民党幹事長が辞意 「批判で公明票が伸び悩み敗北」 “冷や飯”組の反転攻勢で政局に

    dot.

    11/1

  • 事務所の経理イイカゲン フィリピンパブに甘利氏の姿…

    事務所の経理イイカゲン フィリピンパブに甘利氏の姿…

    週刊朝日

    2/3

    「銀座クラブ通い」公明党議員を辞職に追い込んだ 「創価学会婦人部」の怒りのマグマ

    「銀座クラブ通い」公明党議員を辞職に追い込んだ 「創価学会婦人部」の怒りのマグマ

    dot.

    2/3

  • 公明党幹事長「18歳以下に10万円」バラマキ批判に反論 創価学会との“新選挙運動”で800万票復活を目指す

    公明党幹事長「18歳以下に10万円」バラマキ批判に反論 創価学会との“新選挙運動”で800万票復活を目指す

    dot.

    10/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す