「大物助っ人」は獲るべきなのか? 過去5年で来日した選手で検証してみた

2021/05/18 18:00

 プロ野球で最も即効性の高い補強と言えば外国人選手となるだろう。特に期待が大きくなるのがメジャーで十分な実績を残した選手であり、今年の新外国人ではスモーク(巨人)がメジャー通算196本塁打を放っており、日本でもそのパワーを発揮しつつある。しかし期待されたような活躍ができないまま帰国するという例も少なくない。果たして大物外国人選手の獲得は有効なのか。近年の事例から検証してみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    dot.

    6/27

    「バースの再来」はハードル高いけど…最もその領域に近づいた阪神助っ人は?

    「バースの再来」はハードル高いけど…最もその領域に近づいた阪神助っ人は?

    dot.

    6/18

  • 期待を裏切ったのは松坂だけじゃない!【ワーストナイン パ・リーグ編】

    期待を裏切ったのは松坂だけじゃない!【ワーストナイン パ・リーグ編】

    dot.

    11/18

    「バースの再来」も…オープン戦だけ凄かった選手列伝<外国人編>

    「バースの再来」も…オープン戦だけ凄かった選手列伝<外国人編>

    dot.

    2/25

  • FA丸、浅村、西に大型契約提示…本当に“その価値”はあるのか?【西尾典文】

    FA丸、浅村、西に大型契約提示…本当に“その価値”はあるのか?【西尾典文】

    dot.

    11/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す