離婚報道の福原愛 日本、台湾で不評でも人気健在「中国」からラブコール (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

離婚報道の福原愛 日本、台湾で不評でも人気健在「中国」からラブコール

牧忠則dot.
離婚報道の福原愛(c)朝日新聞社

離婚報道の福原愛(c)朝日新聞社

 元卓球女子日本代表で現在は解説者などで活動している福原愛(32)。日本に単身赴任中だった3月に長身のイケメン男性と横浜中華街でデートしている様子が週刊誌で報じられると、夫で卓球元台湾代表の江宏傑(32)が離婚請求したことも報じられた。

【写真】昨年9月に不倫騒動が起こった美男美女アスリートカップルはこちら

「福原と江は2016年9月に結婚し、SNS上で2人の仲むつまじい様子の写真をアップするなど、おしどり夫婦として知られていました。2児と共に台湾で暮らして幸せな生活を送っていたと想像していただけに、あの記事と写真は衝撃的でした。夫婦生活がうまくいかず離婚を考えていたのかもしれないが、あまりにも軽率でした。日本と台湾で批判の声が殺到してしまったのは仕方がありません」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 福原は今年1月に「株式会社omusubi」を設立して代表取締役に就任。日本を拠点に活動するという見方が多かった。実際に卓球の解説では視聴者の評判が非常に良かったという。

「1月の全日本卓球選手権女子シングルスで福原が解説をしたのですが、選手の仕草や表情で心理を分析し、高度な技術を卓球の素人にも理解できるようにわかりやすく伝えていた。決勝戦で石川佳純選手の誘い球で伊藤美誠選手がミスしてしまった時には、『例えて言うなら、とてもお腹が空いている所にご馳走が出てきたので手を洗わずに食べてお腹を壊しちゃったって感じですね』とユニークな表現をしていました。SNS上で『愛ちゃんのたとえ話解説は面白い』と話題になるほどでした」(スポーツ紙の卓球担当)

 今後は解説者、そして日本人選手を育成する指導者としての期待も大きかったが、今回の一連の報道で先行きは不透明になった。そんな肩身が狭い状況で、「戻っておいで」とラブコールを送っているのが中国だ。

 福原は現役時代に中国で最もレベルが高い卓球のスーパーリーグに参加し、中国各地を転戦。「フーユアンアイ」の愛称で流暢な中国語と愛くるしい笑顔が話題になり、アイドル級の人気だった。05年にYahoo!の中国サイトが発表した卓球界の世界8大美女に選ばれるほどで、台湾出身の江と結婚が報じられた時には「落胆しかない」、「アイドルに失恋した」など中国人男性から失望の声が上がった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい