辞任表明も「ワクチン接種終わるまで」と居座るサウナ市長へ迫る包囲網  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

辞任表明も「ワクチン接種終わるまで」と居座るサウナ市長へ迫る包囲網 

dot.
辞任表明した池田市の冨田市長(撮影・今西憲之)

辞任表明した池田市の冨田市長(撮影・今西憲之)

 サウナを市役所に持ち込むなどした問題をめぐり、記者会見で4月26日、辞任表明した大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)。27日の臨時市議会で不信任案が可決される公算が高まり、去就が注目されていた。

 冨田氏は記者会見の冒頭、神妙な面持ちでこう語った。

「サウナ問題によって世間をお騒がせして、市民に心配と迷惑をかけ、
市政を停滞させたことを心よりお詫び申しあげます。一連の騒動のけじめと責任とるために市長を辞職させていただきます」

 しかし、続きがあった。

「現在はコロナ対策に万全を期すべき。よって辞職の時期は高齢者の命と安全が担保された時、高齢者にワクチン接種が行き届いた時期に辞任します」

 辞職の時期を明言しなかったことから、池田市役所の中でも「本当に辞任するのか」と疑問視する声が上がっている。

 家庭用サウナだけでなく、ベッド、冷蔵庫、キャンプ用品、エアロバイクなど数々の私物を持ち込み、市役所に泊まり込んでいた冨田氏。その動画や写真が大きく報じられ、市議会では百条委員会が設置され、不適切な庁舎使用やパワハラなどが調査された。その結果、「市長としての資質を著しく欠く。不信任相当」とされ、冨田氏の答弁が「虚偽にあたる。刑事告発相当」とまで結論づけられた。

 辞意表明は不信任決議案の可決の可能性が高かった市議会へのけん制ではないか、という指摘も記者会見で出ていた。

「そうみられるタイミングだが、混乱なく市政を前へ進めるためです」と言い、不信任決議案について市議会へこう要望した。

「不信任決議案が可決されると選挙になる。ワクチン接種が完了していない高齢者が危険だ。市議会に副市長を通じて(不信任決議案の回避を)
申し入れる」

「(可決されれば、)私はやめることになる。その場合、市長選挙になります。市長と市議会の選挙を別々にやると、費用が余分にかかります」

 そして可決されれば、市議会を解散し、市長選挙とのダブル選挙にし、冨田氏自身が出馬する意向と言及した。一方で冨田氏は高齢者のワクチン接種がまだ終わっていない段階で選挙を実施すれば、リスクがあるのですぐに辞職はしないとも主張した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい